想い繋がるファーストシューズ

こちらは、35年前に生徒さんが履いたファーストシューズ。

お母様が35年間、大切にとっておいてくれたそう。

足がしっかりとめられる歩きやすそうなデザインで、

お母様が一生懸命に選んでくれた思いが伝わります。

今度は 自分が母になり、もう少しで娘さんが歩けるように。

自分の履いたファーストシューズを娘さんにも履いてほしい・・・・

そんな矢先に、先日 ベビーシューズの右足を落としてしまったそう。

戻ってきてくれたらとっても嬉しいけれど、なかなか見つからない・・・・・

それならば、片足作ってみては?とご提案すると、

つくってみたい!!とのこと。

さっそく、左足のベビーシューズを参考に、右足のベビーシューズをつくっていきます。

ミシンをかけて、ベビーシューズのアッパーを組み立ててゆく姿を、娘さんと旦那さんも応援しています♪

最近、歩き始めたばかりの娘さん。

大きくなったら、今日のことは覚えているかな?🎶

今回のベビーシューズは本格的に歩き出す前のサイズの11cmくらいでしたので、

ソールはかかと部分に滑り止めのラバーを貼りました。

数時間で完成!

試しに完成した右靴を履いてみます。

これで両足揃いました!

娘さんから見ると、

左靴は、母が初めて履いて、祖母が35年大事に保管してくれていました。

右靴は、母が自分のためにつくってくれました。

世代を繋いで受け継がれた、本当に娘さんしか履けない、素敵なファーストシューズになりました!

「ファーストシューズの右靴を無くしてしまったことはとても悲しいけれど、買う、ではなく作る、という選択肢。

子供の靴はすぐに履けなくなるから、安い既製品を買っては使い捨てる、という考え方もあるけれど、愛情をかけて作ったものは、何世代にも渡って思いを繋ぐことができる・・・

右靴を無くしたおかげで、大切なことを思い出しました。

次は、娘がたくさん歩くようになった頃の靴を作りたい」と、言っていただきました!

壊れたから、片方無くしたから、まいいか、と捨ててしまえるモノよりも

なおして、足して、つくって繋いだモノが、

身の回りにひとつひとつ増えたらいいな〜と思います♪

カテゴリー
アーカイブ
タグから検索