• Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

©2017 baseworks handmade shoeschool

手作り靴の専門学校

handmade shoes professional school

靴と日本人の付き合いは新しく 私たち庶民が日常的に靴を履くようになったのは第二次世界大戦後からのこと

数十年前までは下駄や草履でした

靴を履き始め高齢になったのは 今の高齢者の方が日本では初めて

靴に無理やり足を合わせて履いてきたことが 足の変形や疾患となって 身体や足に現れてきます​

日本のJIS規格の設定では 足長に対しての足幅は AからGまで10種類のサイズがありますが実際に流通しているのは 主に1-2種類しかありません 

 

​ワーカーズでは足を知ることにより 木型 (LAST) パターンメイク 素材 インソール をトータルで考え 本来の歩行具としてのクツの機能を 追求していきます

足がなくても作れる既成靴から 足がなくては作れない手作りクツに

自分で手を動かして 手から考える 心地よい暮らしへ

 

​base worksではワーカーズのプログラムを通して 作り手になり自由に自分らしく生きていく人たちをプロとしてサポートしていきます

ワーカーズ

手作り靴 専門学校

ベースワークス東京で日曜日に通う手作り靴の専門学校。

足の特徴や歩行をサポートする木型から、靴作り、
足と靴に関わる技術を一年かけてトータルで学びます。

​選べるスキルアップ講座

​フォーカスクラス

ベースワークス東京で靴作りをより深めていく、自由に選べる追加型クラス。
足の基礎知識から足の特徴に合わせた靴作り、型紙作成、木型製作、
作った靴の調整メンテナンスなど、必要なクラスを選んで自分のペースで受講できます。

自学研究貸工房

​ワークアップ

ワーカーズ卒業した人が、ベースワークス東京で靴作りを自学研究する貸工房です。
これから自分の靴工房を開きたい人や、
注文靴を作りたい人のための、靴作りを深めていく【場】です。

手作り靴教室 講師

インストラクター

ワーカーズを卒業した人が、ベースワークス東京で、講師として手作り靴教室のクラスを担当します。