• Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

©2017 baseworks handmade shoeschool

自分の足に合わせた木型つくり

February 15, 2017

baseworks

 

 

これから3足目を作る生徒さん。

 

今までなかなか合う靴に出会うことがなかったそう。

自分で作った靴はいてみて、さらなる履き心地の向上の為に、自分専用の木型を作ることになりました。

 

 

足のサイズ

足長 左 25.0cm  右 25.0cm

足囲 左 24.6cm  右 24.6cm

 

店頭で靴を選ぶ時のサイズ目安のJIS規格では、2Eの幅という該当になります。

靴の売り場で3Eのゆったりサイズ、などと表記された靴は目にしたことはあるでしょうか。

 

ここで注目したいのが足の柔らかさです。

base worksでは、体重をのせた時の足囲と、体重がかかっていない時の足囲も測ります。

 

 

体重がかかっていない時の足囲は、JIS規格ではB~Cの幅という該当になります。

左 22.3cm  右 24.6cm

※一般的に並んでいる靴の幅はE。B~Cの幅の靴は市場にはほとんど出回っておりません。

 

その差は、

左 2.3cm  右 2.6cm

 

こんにゃく足などと言われる柔らかい足で、履く靴にとっても左右されやすい特徴があります。

 

履く靴が足とぴったり合っていれば良いのですが、ブカブカの靴を履くと、靴の中で足が前に滑ってしまい、足を支える3つのアーチの、横アーチが低下し(開張足)、外反母趾などの原因となってしまいます。

 

 

 また踵の幅も狭く、靴を履くとよく踵がカパカパと抜けてしまうそう。

 

もちろん、手作り靴では、木型の踵の幅も自分サイズの踵の幅にに合わせます。

既製靴では踵の幅の規格はありません。

 

 

ちなみに、下の写真は同じサイズの木型です。

右の踵は一般的な既製靴の踵。

真ん中は履く人に合わせて作ったbase worksの木型。

左は今回、生徒さんに合わせて作った自分専用の木型です。

 

同じサイズでもこんなに幅の違いがありますね。

あなたの足の踵はどうでしょうか?

 

 

 

 

 

足に合う靴は、まずは足と木型の良い関係からスタートします。

 

木型を足に近づけていくために、何回か仮靴でフィッティングしていきます。

 

 

 

 

 

 履いてみて、踵の抜けがないかもチェックします。

 

 

 

完成した木型で作った靴を履くのがまた楽しみです。

 

なお、今まで作った靴も自分専用の木型が完成したら、アッパーの革を吊り込みなおすこともできます。

 

自分で作った靴は履いてみて、もっとこうしたい、が出てきたら、

どこまででも自分に合わせてアップグレードしていけますね。

 

 

by base works Asako Katsumi

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー