• Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

©2017 baseworks handmade shoeschool

ほっとこうち 10月号に掲載して頂きました

September 26, 2017

baseworks

高知の情報誌、「ほっとこうち」2017年10月号に、base works 高知を掲載して頂きました。

 

 

 

『今すぐ行きたい!素敵体験』の特集で紹介して頂きました。

 

掲載写真は、靴のショットが多いですが、一日で作れる革小物の体験教室もあります!

 

→詳細はこちら

 

 

 

 

 本日の手作り靴教室 高知。

 

道端には、水引草が可憐に咲いています。

ひよこも元気に草をついばんでいます。

 

 

 

 工房の様子。

 

 

 

 

以前につくった、パンチングのカッターシューズ。

 

ライニング(裏革)なしの一枚革仕立てなので、革の経年変化で多少のび、履いているとかかとが抜けるようになって来たそうです。

 

少しつまんで、履き口を絞り、インソールの調整をします。

 

 

 

また完成した時のように、ピタッとした履き心地になりました!

 

靴は完成したら終わり・・・

ではなく、履いていると靴も革も変化していきますし、靴下の厚みや、足のむくみ具合によっても 履き心地はかわります。

 

修理、メンテナンスしながら、その時の足と靴の良い状態を保っていけたら・・・と思います。

 

 

 

 

 

これからの季節に重宝しそうな、アンクル丈の外羽根ブーツです。

 

 

 

生まれて半月ほどのひよこ。

・・・靴の乗ってお手伝い?

 

 

 

中底をグラインダーで削ります。

 

 

 

 

脱ぎ履きも楽ちんな サイドゴアブーツ。

 

既製品だと、甲の高さが合わなかったり、スポッと履けても、スポッと脱げてしまったりしがちです。

 

足に合わせて作る手作り靴は、スポッと履けてフィット感もあります♫

 

 

 

中底のシャンク金具を打っていきます。

 

 

 

 

こちらは、外羽根の短靴。

イチキリという道具でミシンステッチ ギリギリのラインを切っていきます。

 

 

 

 

アッパーができたら、次は中底の準備です。

 

 

 

 

こちらは、モカシン短靴。

 

履き口の革テープを折り込んで、

 

 

 

 

ミシンステッチで抑えていきます。

 

 

 

 

革切り包丁のケース。

 

お使いのハサミや、工具などのケースも作れます。

 

 

 

 

 

ワニを使って吊り込みの作業。

 

靴が立体的になって来ました♫

 

 

 

 

モカシンのモカ部分をかがっていきます。

 

 

 

 

出来上がったアッパーを木型にのせていきます。

 

 

 

 

かがったモカ糸を引っ張っていきます。

 

 

 

 

車のキーなどもスッポリ入るキーケースができました!

 

 

 

 

 

本日の玄関展。

 

 

 

 

by base works Kochi

 

Share on Facebook
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
Please reload