base works 革小物 出張ワークショップ   @ コレンス 9月16日(土)

高知・物部の山のbase works工房から、高知市の「corens」(コレンス)へ!

こちらの2Fのフリースペースをお借りして

2017年 9 月 16日 (土)出張ワークショップを開催いたします。

今回、ワークショップで作れる革小物は13アイテムです。

下記に、革小物の詳細が記載されております。

時間は AM 10:30 〜 PM 9:00の間で、ご都合の良いご都合の良い時間を選んでいただけるようになっております。

例えば、小物を2つ作りたい・・・という方は、作りたい革小物の所要時間の合計を加味してご自身のご都合の良い時間帯でご予約ください。 

今回は開催時間が延長されておりますので、お仕事の帰り道にでも, ぜひお越しください。

※お席に余裕がございましたら、当日の飛び込み参加も承りますが、カバンやサイフなどの作業時間を要するものは、お席の確保が長時間となりますのでご予約くださいませ。

base works 革小物 出張ワークショップ@コレンスで作れるモノ

【1】 コインケース

  サイズ : 7.8 cm × 7.8cm

所要時間 : 約3時間

  参加費用 : 6,300円

【2】 サイフ 

  サイズ : 横12×高8.3×幅 3.3cm

所要時間 : 約5時間

  参加費用 : 12,700円

【3】 キーケース A

サイズ : 4.3cm × 11cm

 所要時間 : 約30分 

 参加費用 : 4,900円

 ※鍵6本まで収納できます

(鍵のサイズや種類によります)

【4】 キーケース B

 サイズ : 6.2cm × 12.2cm

 所要時間 : 約3時間 

 参加費用 : 6,900円

 ※車の鍵を収納できます

(鍵のサイズや種類によります)

【5】 キーケース C

 サイズ : 3.3cm × 8.3cm

 所要時間 : 30分 

 参加費用 : 2,500円

 ※鍵3本まで収納できます

(鍵のサイズや種類によります)

【6】 キーストラップ

サイズ : 2.2cm × 12cm (金具含む)

 所要時間 : 約20分 

 参加費用 : 1,000円

【7】 ペンケース

 サイズ : 7.2cm × 17cm

 所要時間 : 約3時間 

 参加費用 : 7,200円

【8】 鉛筆キャップ

 サイズ : 1.8cm × 5.8cm  

所要時間 : 約30分  

参加費用 : 500円 / 1個

【9】 眼鏡ケース

サイズ : 横15.5×高7.3 ×幅2.5cm

 所要時間 : 約3時間 

 参加費用 : 7,400円

【10】 名刺ケース

 サイズ : 横10.5×高6.6 ×1.2cm

 所要時間 : 約3時間 

 参加費用 : 6,300円

【11】 カードケース

サイズ : 7.5cm × 10.8cm

 所要時間 : 約30分

 参加費用 : 4,200円

  ※カード6枚入ります

(クリアケースに2枚づつ入れて12枚)

【12】 コードクリップ

 サイズ : 1.4cm × 3cm

 所要時間 : 約15分 

 参加費用 : 300円 / 1個

【13】 手持ちバック

 サイズ : 横29.5×高25.5 ×底幅8.3cm

 所要時間 : 約6時間 

 参加費用 : 18,000円

※記載のサイズは、おおよそのサイズになります(革の厚みや裁断の仕方で変わります)

※記載のサイズは、バネホック等を閉じた時のサイズになります

※記載の所要時間は、個人差がありますので、あくまで目安になります

※参加費用は、税込表示です

※参加費用は、今回の出張ワークショップの価格となります(工房で開催する通常教室と料金形態が異なります)

※写真のペンやイヤホンなどの付属品は、撮影用です。

 革について

ワークショップで使用する革はイタリア、フィレンツェのタンナー、バダラッシー・カルロ社の革です。

流通する多くの革は効率優先の合成油・魚油を使い、機械を頼ってなめされたものがほとんですが、 バダラッシー社はイタリア古来の伝統的な革なめし技法で、化学薬品でなく植物性タンニン(ベジタブルタンニン)を使い 時間をかけてなめされた革に、純度の高い100%ピュアオイル「牛脚油」で 時間をかけながらゆっくりと加油していきます。

油が浸透しにくいのでとても時間と手間がかかる作業ですが、その代わりにオイルが抜けにくく、 使い込んだ時の色艶の上がり方がきれいで、美しくエイジングされるのが特徴です。

■ 特徴

革小物につかう革は、 初めはマットな風合いなので光沢はそれほどありませんが、使う程に色が深くなっていき、 どんどん艶がでて、変化が楽しめます。

しっとりとした柔らかな質感も大きな魅力です。

オイルが十二分に加えてあるため、油分の追加は不要です。

‘ミネルバボックス’は、リスシオに不均一な揉み加工を施し自然な風合いと柔らかさを加えた

革本来の表情である傷やシワや「シボ」(凹凸)を残した自然さが特徴です。

‘ミネルバリスシオ’は揉み加工せず、シボがなく張りと厚みが特徴です。

 今回は、以下の5〜6種類の革から選べます。

●ミネルバリスシオ・・・オルテンシア(青)