• Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

©2017 baseworks handmade shoeschool

January 23, 2019

こちらは、35年前に生徒さんが履いたファーストシューズ。

お母様が35年間、大切にとっておいてくれたそう。

足がしっかりとめられる歩きやすそうなデザインで、

お母様が一生懸命に選んでくれた思いが伝わります。

今度は 自分が母になり、もう少しで娘さんが歩けるように。

自分の履いたファーストシューズを娘さんにも履いてほしい・・・・

そんな矢先に、先日 ベビーシューズの右足を落としてしまったそう。

戻ってきてくれたらとっても嬉しいけれど、なかなか見つからない・・・・・

それならば、片足作ってみては?とご提案すると、

つくってみたい!!とのこと。

さっそく、左...

September 30, 2018

base works KOCHIに向かう道端にはヒガンバナが綺麗に咲いています。

さて、今回は、子供靴の調整メンテナンスについてです。

生徒さんの息子さん。

足のサイズは13.8センチくらい。

買った靴が大きすぎてブカブカしてしまうので、インソールで調整したいとのこと。

買った靴のサイズはどちらも15センチ。

ちょっとまだ大きすぎますね。

すぐに大きくなるから・・・とついつい大きめのサイズを選んでしまいがちな子供靴。

買ってしまってはかせてみたら、かかとがカパカパ、歩きにくそうにしていませんか。

また、大きめサイズを買ったからしばらく大丈夫・・・と思...

June 13, 2018

梅雨の晴れ間の気持ち良い日差し。

サンダルの季節がやってきますね!

手作りサンダルは、靴とは違い、木型を使わず、足に直接合わせて作ってゆきます。

靴は足を包んで 面 でおさえてゆきますが、

サンダルは 線 でおさえなくてはならないので、足をみながら、どの位置をおさえてゆくかがポイントになります。

今回は、歩きやすいサンダルをご紹介してゆきます。

こちらは体験教室にいらした生徒さん。

右足  足長 21.8cm、足囲 24.3cm

左足  足長    22.3cm、足囲 24.4cm

左右ともJIS規格での足囲は4Eくらいですが足の...

June 13, 2018

本日のご紹介はお持ちのビルケンサンダルのリメイクです。

親指のあたりにヒビが入ってしまいましたが、思い出のサンダルなので直して履きたいとのこと。

まずはソールを剥がします。

お次はアッパーをベリベリっと剥がして・・

リメイクついでの足の土踏まずの特徴に合わせてインソールの調整。

少しへたってますが、フットベットはそのまま再利用します。

スポンジでクッションもプラスしてゆきます。

インソールの仕上げは、足がグリップしやすいスエードを貼り合わせて。

アッパーは今までの既製品と変わって、夏らしい明るいブルーに変えました🎵

お次はソール。

ビルケンシュトック...

July 26, 2017

base works高知の撮影をエム・フォトオフィスの前田美津さんにお願いしました。

先週、今週と2日に渡り、素敵な写真をたくさん撮っていただきました。

どうもありがとうございます!

なにやら足元でお仕事のお手伝い?していますが・・・

さて撮影が無事に終わりましたが・・・・・

お履きの靴が足に合っていなくお悩みだそうです。

彼女の履いてきたサンダルがこちら。

デザインが気に入ってネットで購入したサンダルだそうです。

ネットで購入すると試しばきができませんので、足にはブカブカしてなんだか歩きづらそうです。

BOSABOというフランス製のサンダルで、素材...

April 25, 2017

base works高知のまわりでも 筍がニョキニョキ顔を出しはじめました。

地面を割ってぐんぐんと突き抜ける力強さ。

こちらまで元気になりそうです。

さて、今回は お持ちのビルケンシュトックの スリッポンサンダルの リメイクです。

ご存知の方も 多いかと思いますが、ビルケンシュトックは、ドイツ発の コンフォートシューズブランドです。

履きやすいサンダルを、と思って 購入したそうですが、

履いてみると ブカブカとして脱げてしまうそうです。

サイズ選びは合っていますが、もともとのビルケンシュトックの横幅が

ご本人にとってはとてもゆるく、靴の中で足が安...

April 1, 2017

そろそろ足元も春めいて、サンダルづくりも始まりました、東京教室の様子です。

こちらのフィッティング中のサンダルは、靴下合わせでも素足でも足にフィットするよう調整でき、長い期間楽しめます。

素足にタンニン鞣しのブルーが映えていますね。

靴のアッパーを縫い込むための、ステッチダウン用の中底の型紙をつくっています。

足に合わせた自分専用の木型に合わせると、中底の型も足の裏の形と揃ってゆきますね。

底周りを縫うステッチの幅も自分好みで決めてゆきます。

アッパーのかかとを吊り込んでゆきます。

ベテランの生徒さん、吊り込みの道具のワニ使いも手馴れたものです。

...

March 19, 2017

物部の梅の花も良い香り

今日も暖かい一日となりました

築75年ほどの古民家を改装したbase works高知

風通しも とても良いです

作業も気持ちよくできる 過ごしやすい季節になってきました

モカシンブーツを作り始めた生徒さん

お気に入りのカラーリング

アッパーを組み立て、足を安定させる底周りの革のテープを貼り付けていきます

母様のお持ちの靴2足を修理する生徒さん

減ったカカトの修理と、靴がゆるく、足がつま先へに滑ってしまうということで、中敷を滑りにくい素材に変えて、クッションと土踏まずを支えるアーチパットで履き心地を調整ゆきます

base work...

March 1, 2017

自分の靴を6足つくった生徒さん。

まだまだ次に作りたい靴のイメージがあるけど・・・・・

「そろそろ私の靴つくってくれてもいいんじゃない?」とお仕事が忙しい娘さんからのご提案。

一日中長時間立ったり座ったりのお仕事で、足が疲れやすい娘さんの靴をつくることになりました。

足のサイズ

右 足長 23.5cm 足囲 23.8cm

左 足長 23.5cm 足囲 23.9cm

店頭で靴を選ぶ時のサイズ目安のJIS規格では、2Eの幅という該当になりますが、なかなか合う靴がなく、いつも選んでいたサイズは24~24.5cmのサイズを選んでいたそう。

「私の足って23...

Please reload