• Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

©2017 baseworks handmade shoeschool

May 4, 2019

今回のオーダーシューズのご依頼は70代の女性の方から。

3年前から歩く時に杖が必要になったそうです。

ご夫婦でご旅行に行かれるのが楽しみだそうですが、歩きやすい合う靴がなく、お困りのようです。

フットプリントをお取りし、足の状態や特徴を見せていただきます。

右足 足長 21.6cm  足囲 22.2cm

左足 足長 21.7cm  足囲 22.3cm

左右のサイズの差はあまりありませんが、歩く時の足の使い方に左右差があるようです。

お作りする靴種は、足元が不安定でしたので、ハイカットのブーツタイプをおすすめしました。

また、左手に麻痺もあるとのこと...

June 20, 2017

base works 高知までの道のり、香美市 土佐山田町から香北町、物部町に向かう 国道195号沿いのアジサイが 綺麗に咲いています。

通るたびに、色々な表情で 楽しませてくれる 道のりです。

                    

                    ・

                    ・

                    ・

さて、今回は 7年前にお作りした注文靴、モカシンブーツの 修理・メンテナンスのご紹介です。

「とても履きやすい、長く歩いても疲れにくい! 」とご愛用いただいていましたが、

底周りのステ...

May 15, 2017

文旦の花が咲いて 晴れやかな空 

さて、これから9足目をつくる生徒さん。

ご自分の靴、娘さんの靴をつくったお次は、高校時代の同級生につくることになりました。

ちなみに同級生の奥さまはご自分のクツをつくります。

同級生の方はなんと毎日下駄をご愛用。(写真 右)

30年間靴をほとんど履いたことはなかったそうです。

靴をはくと左足の中足骨あたりに違和感があり、痛くて靴が履けなかったそうです。

靴をはいても2時間ほどが限度、

これではお出かけは難しそうです。

とにかく、痛くて履ける靴がないので、冠婚葬祭にも履けるシンプルな外羽根の短靴をつくることになりました...

April 8, 2017

本日は外羽根のひも靴の注文靴、お渡しの日。

ついつい面倒になりがちな 靴ひもについてお話ししたいと思います。

足のカタチと靴のカタチが合っていても、靴ひもが緩いまま履いてしまうと

足を支える効果も少なくなってしまいます。

靴ひも・・・・・

ついつい ゆるめたまま 玄関でサッとつっかけて、そのまま一日過ごしてしまっていませんか?

靴ひもがしっかり結べていると、足と靴が一体化します。

足と靴が一体化すると、靴が軽く感じられ、

靴の中で 足が前に滑ったり ねじれたりしなくなり、安定します。

靴の中で足が安定すると、

つま先をしっかり引き上げて、かかとから地面...

April 1, 2017

そろそろ足元も春めいて、サンダルづくりも始まりました、東京教室の様子です。

こちらのフィッティング中のサンダルは、靴下合わせでも素足でも足にフィットするよう調整でき、長い期間楽しめます。

素足にタンニン鞣しのブルーが映えていますね。

靴のアッパーを縫い込むための、ステッチダウン用の中底の型紙をつくっています。

足に合わせた自分専用の木型に合わせると、中底の型も足の裏の形と揃ってゆきますね。

底周りを縫うステッチの幅も自分好みで決めてゆきます。

アッパーのかかとを吊り込んでゆきます。

ベテランの生徒さん、吊り込みの道具のワニ使いも手馴れたものです。

...

March 28, 2017

オーダーシューズのご注文をいただきました。

2足目は自分でつくる!ということで、とりあえず時間がとれない今は、1足目は注文靴となりました!

まずは、フットプリントをとって土踏まずのバランスや、足の特徴を知ってゆきます。

次は、足のサイズと幅を測ってゆきます。

足のサイズは

右  足長 24.1cm   足囲  23.1cm 

左  足長 24.5cm   足囲  22.7cm

足長は右足がひとまわり小さく、足囲は右足がひとまわり大きい右左差がある足です。

普段ばきのサイズは25cm。

サイズ選びが少し大きめかもしれません。

靴の中で前に滑らないように、...

March 19, 2017

物部の梅の花も良い香り

今日も暖かい一日となりました

築75年ほどの古民家を改装したbase works高知

風通しも とても良いです

作業も気持ちよくできる 過ごしやすい季節になってきました

モカシンブーツを作り始めた生徒さん

お気に入りのカラーリング

アッパーを組み立て、足を安定させる底周りの革のテープを貼り付けていきます

母様のお持ちの靴2足を修理する生徒さん

減ったカカトの修理と、靴がゆるく、足がつま先へに滑ってしまうということで、中敷を滑りにくい素材に変えて、クッションと土踏まずを支えるアーチパットで履き心地を調整ゆきます

base work...

March 1, 2017

自分の靴を6足つくった生徒さん。

まだまだ次に作りたい靴のイメージがあるけど・・・・・

「そろそろ私の靴つくってくれてもいいんじゃない?」とお仕事が忙しい娘さんからのご提案。

一日中長時間立ったり座ったりのお仕事で、足が疲れやすい娘さんの靴をつくることになりました。

足のサイズ

右 足長 23.5cm 足囲 23.8cm

左 足長 23.5cm 足囲 23.9cm

店頭で靴を選ぶ時のサイズ目安のJIS規格では、2Eの幅という該当になりますが、なかなか合う靴がなく、いつも選んでいたサイズは24~24.5cmのサイズを選んでいたそう。

「私の足って23...

February 15, 2017

これから3足目を作る生徒さん。

今までなかなか合う靴に出会うことがなかったそう。

自分で作った靴はいてみて、さらなる履き心地の向上の為に、自分専用の木型を作ることになりました。

足のサイズ

足長 左 25.0cm  右 25.0cm

足囲 左 24.6cm  右 24.6cm

店頭で靴を選ぶ時のサイズ目安のJIS規格では、2Eの幅という該当になります。

靴の売り場で3Eのゆったりサイズ、などと表記された靴は目にしたことはあるでしょうか。

ここで注目したいのが足の柔らかさです。

base worksでは、体重をのせた時の足囲と、体重がかかっていない時の...

Please reload