• Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

©2017 baseworks handmade shoeschool

May 4, 2019

今回のオーダーシューズのご依頼は70代の女性の方から。

3年前から歩く時に杖が必要になったそうです。

ご夫婦でご旅行に行かれるのが楽しみだそうですが、歩きやすい合う靴がなく、お困りのようです。

フットプリントをお取りし、足の状態や特徴を見せていただきます。

右足 足長 21.6cm  足囲 22.2cm

左足 足長 21.7cm  足囲 22.3cm

左右のサイズの差はあまりありませんが、歩く時の足の使い方に左右差があるようです。

お作りする靴種は、足元が不安定でしたので、ハイカットのブーツタイプをおすすめしました。

また、左手に麻痺もあるとのこと...

June 13, 2018

本日のご紹介はお持ちのビルケンサンダルのリメイクです。

親指のあたりにヒビが入ってしまいましたが、思い出のサンダルなので直して履きたいとのこと。

まずはソールを剥がします。

お次はアッパーをベリベリっと剥がして・・

リメイクついでの足の土踏まずの特徴に合わせてインソールの調整。

少しへたってますが、フットベットはそのまま再利用します。

スポンジでクッションもプラスしてゆきます。

インソールの仕上げは、足がグリップしやすいスエードを貼り合わせて。

アッパーは今までの既製品と変わって、夏らしい明るいブルーに変えました🎵

お次はソール。

ビルケンシュトック...

July 29, 2017

base works 高知の玄関先の 姫睡蓮の花が 綺麗に咲いています!

朝日に照らされる  玄関先

今日の手作り靴教室は どんな感じになるでしょう?

さあ、夏本番に向けて サンダル作り!

底付けの最終作業です

こちらは、お父様の 冠婚葬祭用の靴の アッパーを裁断しています

妹さんの結婚式に履く お父様の靴を つくっているそうです!

こちらは ワラーチサンダルの鼻緒部分、真田紐を 選んでいます。

足に合わせて結んでゆくので 足にぴったり合い、走れるサンダル、なんて呼ばれています。

革を裁断したり、アッパーを製甲したり、底付けをしたり・・・・

それぞれの...

May 30, 2017

東京のオアシス、夏晴れの 代々木公園。

木々も人々も 穏やかな平日。

代々木公園から歩いて 約13分。

閑静な 住宅街の中の

base works 東京 です。

先日 base worksの卒業生やワークアップ(自学自習生)、インストラクターのみんなで

フォーカス・ステップアップクラスの インソールの勉強会を 開催しました。

インソールに使用するパットを グラインダーで削り出してゆきます。

足を支える パットの精度を上げることで、サポートの精度も上がってゆきます。

一人一人の 姿勢を確認し、

どのような姿勢が 関節に負担なく立てるかを 検証してゆきます...

April 1, 2017

そろそろ足元も春めいて、サンダルづくりも始まりました、東京教室の様子です。

こちらのフィッティング中のサンダルは、靴下合わせでも素足でも足にフィットするよう調整でき、長い期間楽しめます。

素足にタンニン鞣しのブルーが映えていますね。

靴のアッパーを縫い込むための、ステッチダウン用の中底の型紙をつくっています。

足に合わせた自分専用の木型に合わせると、中底の型も足の裏の形と揃ってゆきますね。

底周りを縫うステッチの幅も自分好みで決めてゆきます。

アッパーのかかとを吊り込んでゆきます。

ベテランの生徒さん、吊り込みの道具のワニ使いも手馴れたものです。

...

March 28, 2017

オーダーシューズのご注文をいただきました。

2足目は自分でつくる!ということで、とりあえず時間がとれない今は、1足目は注文靴となりました!

まずは、フットプリントをとって土踏まずのバランスや、足の特徴を知ってゆきます。

次は、足のサイズと幅を測ってゆきます。

足のサイズは

右  足長 24.1cm   足囲  23.1cm 

左  足長 24.5cm   足囲  22.7cm

足長は右足がひとまわり小さく、足囲は右足がひとまわり大きい右左差がある足です。

普段ばきのサイズは25cm。

サイズ選びが少し大きめかもしれません。

靴の中で前に滑らないように、...

March 12, 2017

 3年前につくったモカシンブーツ。ほぼ毎日履いているクツ。

3度目のソール修理と経年変化でくたびれてきたステッチの補修をしようと思います。

同じクツでもソールは柔らかい素材、硬い素材、ヒールの有無、ヒールの形、かかとの高さによって履き心地は変わります。

最初につくったときのソール素材は天然クレープ。

1回目のソール修理はビブラムソール。

2回目のソール修理はビルケンソール。

今回3回目の修理はかかと部分のみ減っていたので、かかとの減った部分を硬い素材につぎはぎして直しました。直すたびに素材を変えてみながら、このクツと自分に合ったベストを探してゆ...

March 1, 2017

自分の靴を6足つくった生徒さん。

まだまだ次に作りたい靴のイメージがあるけど・・・・・

「そろそろ私の靴つくってくれてもいいんじゃない?」とお仕事が忙しい娘さんからのご提案。

一日中長時間立ったり座ったりのお仕事で、足が疲れやすい娘さんの靴をつくることになりました。

足のサイズ

右 足長 23.5cm 足囲 23.8cm

左 足長 23.5cm 足囲 23.9cm

店頭で靴を選ぶ時のサイズ目安のJIS規格では、2Eの幅という該当になりますが、なかなか合う靴がなく、いつも選んでいたサイズは24~24.5cmのサイズを選んでいたそう。

「私の足って23...

February 15, 2017

これから3足目を作る生徒さん。

今までなかなか合う靴に出会うことがなかったそう。

自分で作った靴はいてみて、さらなる履き心地の向上の為に、自分専用の木型を作ることになりました。

足のサイズ

足長 左 25.0cm  右 25.0cm

足囲 左 24.6cm  右 24.6cm

店頭で靴を選ぶ時のサイズ目安のJIS規格では、2Eの幅という該当になります。

靴の売り場で3Eのゆったりサイズ、などと表記された靴は目にしたことはあるでしょうか。

ここで注目したいのが足の柔らかさです。

base worksでは、体重をのせた時の足囲と、体重がかかっていない時の...

Please reload